Sayaka Ishiyama – A Thousand Stories

Scroll this

Intro

This new post’s theme came out of the blue thanks to Tatsuji Michihiro. Tatsuji is one of my best friends in Japan and also one of the most Otaku guys I have ever met. It turns out he is well connected as he writes illustrated light novels and has recently been making a lot of connections by attending manga-related conferences. He and his girlfriend, a very talented illustrator, introduced me to Sayaka Ishiyama, who just published her book “Thousand Windows, Thousand Doors” recently with the publisher Shodensha.

下記の文章には日本語(オリジナル)と英語のインタビューが翻訳されたパートが含まれております。
日本語(オリジナル)の翻訳文が直訳であるのに対し、英語版は直訳ではございません。
よって、実際に使用されている言葉や表現がオリジナルと異なる場合がございますことをご了承ください。
コメントを残したい方は以下のセクションをご利用ください。Please Enjoy!

イントロ

今回のテーマは、友人の中でもオタクを極めたタツジからの紹介がきっかけだ。イラストの入った小説を手がけるタツジは、漫画業界に知人も多く、今回テーマとなる、祥伝社出版の『サザンウィンドウ・サザンドア』著者である石山さやかも彼からの紹介だ。

Sayaka Ishiyama

Sayaka has a thing for danchi. These huge apartment complexes, usually built during the 50s, 60s, and 70s, are spread among many suburban areas in Japan, due to the need for affordable housing back in those days. She has illustrated many stories about them, and I totally agree that this is a fascinating subject of research. These apartment blocks can house hundreds of people, whether it’s families, couples, or individuals. It makes you wonder when you walk through them…

Who lives here? What do they do? Where do they come from?

さやかは、50~70年代に建設された団地(UR住宅)をテーマに様々な物語を展開している。誰が住んでいるのか?何を生業にしているのか?出身は?そこに住まう何百もの多種多様な人々は、観察するに飽きない。

Sayaka has explored this idea and I am sure will continue to show us the imaginary lives of their residents. We met in Tachikawa along with Tatsuji and walked around the renewed danchi apartment blocks. These, as well as the rest of them, are all managed by the former Japan Housing Corporation (JHC), now known as Urban Renaissance (UR). They have become a sort of urban oasis for creatives of all kinds because residents do not need to pay key money or contract renewal fees, unlike when going through all the other agencies, where fees and deposits can be astronomical. For a little bit of a change compared to my previous posts, I asked Sayaka a few questions while photographing her in the natural habitat of her characters. Sayaka has traveled to only a few countries and she would love to be able to publish her work abroad, so don’t hesitate to reach out to her if you can help spread the word about her work.

さやかとは立川で会い、改築されたUR住宅の区画をガイドされながら進む。こうした団地は日本住宅公団(JHC)が前身の都市再生機構(UR)が管理しているそうだ。敷金や礼金、契約更新料のないUR住宅は、 首都圏で活動するクリエイターにとって貴重な存在だ。今回は自然体のままの彼女を撮影しながら、話を聞くことにした。今回の撮影を通じて彼女の作品が少しでも海外に広まればと思う。

Some questions and answers

Have you been reading manga since you were a child?

When I was a little kid, I used to read books like “Ribon“, a comic mainly published for girls, and “Jump“, a comic for young boys. There are other comic books I also got interested in, like Osamu Tezuka’s “Hi No Tori (Phoenix)“, and “Buddha“. I would sometimes read them with my friend at her house or at cram school.

幼少期から漫画は読んでいたの?

子供の頃から漫画は好きで、よく読んでいました。

少女漫画雑誌「りぼん」や弟が買う少年漫画雑誌「ジャンプ」を読んだり、友達の家でずっと漫画だけ読んだりしていました。学習塾に置いてあった手塚治虫の「火の鳥」や「ブッダ」を読破したり。高校生になると、教室内で回ってくる昔の漫画を読んだり、少しマイナーな漫画にも興味を示すようになりました。

How did you get interested in manga?

I became interested in it when I was learning to read and write. I love reading pieces with images and a great story. My grandmother once gave me a comic called, “Pyon Pyon”. I also used to read my father’s comics which were more for adults (Editor’s note: In Japan, each manga is usually marketed towards either children, then teenagers, and after that adults. This is not to be confused with what we consider in the west as “adult” comics).

どのように漫画に興味を持ち始めましたか?

読み書きを覚えた頃からすでに漫画には興味を持っていたと思います。ただただ、絵があってお話があるものを読むことが楽しかったのでしょう。小学一年生の頃、おばあちゃんに「ぴょんぴょん」という創刊したばかりの漫画雑誌を買ってもらったことを覚えています。それ以外でも、父親が持っていた「めぞん一刻」(高橋留美子)や「アドルフに告ぐ」(手塚治虫)を読んだり、大人向け子供向けの区別なく手に取れる範囲の漫画はむさぼり読んでいました。

Who are your favorite authors and manga books?

It’s very difficult to choose one. If I had to, it would be Fumiko Takano, I was very influenced by her philosophy. I like a lot of her books, but “Beautiful town” (美しき町) is the one that became a reference for my series “Thousand windows, Thousand Words” (サザンウィンドウ・サザンドア).  Other authors I have liked since high school are Akira Toriyama (Dragon Ball), Iou Kuroda, Izumi Kawahara and Seiko Erisawa. I have recently gotten interested in Hinako Sugiura and Murasaki Yamada. From outside of Japan, I love Bastien Vives and Adrian Tomine.

あなたの好きな作家と漫画を教えて下さい。

たくさんいて非常に難しいですね。姿勢という点で一番影響を受けているのはおそらく高野文子(Takano Fumiko)だと思います。好きな作品もたくさんありますが、「美しき町」という作品は私の連載作品「サザンウィンドウ・サザンドア」の参考になった作品の1つです。ほか、小さな頃から好きなのは「ドラゴンボール」の鳥山明(Toriyama Akira)。高校生以降好きになった作家は黒田硫黄(Kuroda Iou)、川原泉(Kawahara Izumi)、衿沢世衣子(Erisawa Seiko)など。最近気になって集めている作家は、杉浦日向子(Sugiura Hinako)、やまだ紫(Yamada Murasaki)です。また海外のコミックアーティストではバスティアン・ヴィヴェス(Bastien Vivès)、エイドリアン・トミネ(Adrian Tomine)が好きです。

What is your best memory from your childhood? Did it influence your work?

A long time ago, I first drew an illustration of my grandfather. He told me he liked it so much. That inspired me to draw. I understand that my art can make people happy and I love it, but I mainly do it for fun.

あなたの幼少期の一番の思い出はなんですか?それはあなたの仕事に影響を与えましたか?

小さい頃、おじいちゃんの似顔絵を描いてとても喜ばれたこと。絵を描いて人に喜ばれるということが好きで、その気持ちは今の仕事とつながっていると思います(でも誰にも見せない落書きを描くことも同じくらい好きです)。

What are the highlights from high school, did you join any clubs?

I was a member of the art club when I was a junior high school student. After high school, I decided to become an illustrator. I tried to enter an art university to study modern art but I failed my entrance exams. Hence, I went to a technical school specializing in illustration.

高校時代、最も興味深い出来事はなんですか?部活動はしていましたか?

高校は美術科で、その地域の変わった女の子が大集結したようなクラスでした。クラス替えもなくとても楽しい3年間でした。いろんな思い出がありますが、文化祭でお化け屋敷をやったことが特に記憶に残っています。

中学校は美術部でしたが、高校は部活動が必須ではなかったため、やっていませんでした。ただ授業後も残って、デッサンや授業の続きの絵を描くことはありました。

When and why did you get interested in drawing? Do you still keep any of your favorite pieces?

Maybe since I was 2 or 3 years old, I don’t remember well, but since I was very young. I loved drawing circles and squares on paper when I was a little kid. When I was growing up, I would try to imitate my favorite manga and games, and I also liked drawing for my friends. Sometimes I would draw people without them knowing or allowing it. Several stages of my life remind me of the good times I had when I was drawing.

いつ、そしてなぜ描くことに興味を持ちましたか?好きな作品がまだありましたか?

2歳か3歳か覚えていませんが、とても小さい頃から絵を描くことがずっと好きでした。母の話では、いつも紙に丸や四角を描きながら「今日は〇〇ちゃんと遊んだ」「砂場で遊んだ」と説明していたそうです。小学生の頃は好きな漫画やゲームの絵を真似ることも楽しかったし、友達に絵を描いてあげることも好きだったし、挿絵のない物語に勝手に絵をつけるのも好きだった。生活の色々が、絵を描く楽しみに結びついていたように思います。

Did you have any trouble with your family or did they support you all along?

I visit my hometown as much as I can, at least twice a year. I get along with my family, but they did want me to pursue higher education instead of art.

家族との仲はどうでしたか?絵の仕事をするにあたって、反対などはありましたか?それとも理解や、応援してくれましたか?

父も母も仲は良いです。一年に1.2回は実家に帰ります。一番反対されたのは高校進学時です。美術科のある高校に進学したかったのですが、当時は学力もそこそこあったので進学校に行くように言われました。

Tell us about your first job, was it a fun or a hard experience?

After graduating technical school, I started working in an advertising agency for about 5 years. After March 2011, the company went through a rough time so I was made redundant. The 2011 earthquake urged be me to do illustration.

あなたの最初の仕事を教えてください。それは楽しかったか、それとも辛い経験でしたか?

卒業後フリーターを経て小さい広告代理店で5年ほど働いていましたが、2011年に経営不振で解雇されます。その直後東日本大震災が起き、初めてのイラストの仕事を頂いたのもちょうどその頃でした。それは住宅メーカーの資料のカットの仕事でしたが、そこでは残念ながらあまり自分の持ち味を生かせませんでした。

Did this influence your next book?

In 2013, I launched my own manga. The genre is informative. The stories in my manga are inspired by real stories of real teachers. It showcases how the teachers should craft the lessons for the students. I never thought that my comic book would be successful after publishing it in just a year.

それは次の本に影響を与えましたか?

漫画については2013年から自主制作を始めました。仕事として初めていただいた漫画の仕事は、学校の先生に学級づくりのノウハウを伝える「情報マンガ」と呼ばれるジャンルのものでした。現役の先生が書いたテキストを元に自分でキャラクターとエピソードを考える作業は非常に難易度が高く、またページ数や納期も厳しいものでした。やりがいはありましたが、こういった仕事だけを継続して行うのは難しいかなと思いました。

Do you have any advice for aspiring manga artists?

Be positive, have fun, do what you like to do, and don’t be stubborn.

漫画家になろうとする人たちへ何かアドバイスはありますか?

あんまり意固地にならないで、うまくいかないことが続いても自分の人生まで失敗作だと思わないことだと思います。あとは楽しいことを続けること、一緒にいて楽しい人たちと過ごすこと、自分が何が好きなのかを追求し続けること。

Would you like to get your work translated and published abroad?

I am really interested in getting my work published abroad. It would be great if other people could read my work in other languages.

あなたの作品が翻訳され、外国でも出版したいと思いますか?

興味がある出版社さんがもしいるのならお話ししてみたいです。団地は外国にもあるのでそういうところに住む人たちに感想を聞いてみたいし、また団地関係なく「こういうシーン、こういう気持ち、私にも覚えがあるわ!」と地球の裏側の人に言ってもらえたら、それはめちゃくちゃ痛快なことだと思います。

Which is your favorite country and what did you like the most about it? Do you travel locally?

I have been to Saipan, Spain, and France.  I like looking at the big advertisements in the subway. I would like to go to the flea markets and museums. I usually travel within Japan. I have been so far to Aomori, Nagoya, Kyoto, Osaka, Kanazawa, Kanagawa, Okinawa…not so many. I particularly love listening to the local dialects in Tohoku and Kansai.

あなたの好きな国はどこですか?また、その国の一番好きなところは何ですか?

国内旅行が多いです。今まで行った主な都市は青森、名古屋、京都、大阪、金沢、香川、沖縄…あんまりないですね。その中でも大阪と金沢が好きです。どちらも東京にはないサイズ感と文化を持った都市です。大阪は古い洋風の建築物と地下鉄御堂筋線の蛍光灯のデザイン、金沢はあちこちに流れる小さな水路を眺めるのが楽しいです。また、東北や関西で地元の言葉に耳を傾けることも大好きです。

Would you like to say something else?

Just thank you for reading. You can find me on Twitter and Instagram.

私たちになにか言いたいことがありますか?

ここまで読んでくださってありがとうございます。

Final Notes

You can get the book “Thousand Windows, Thousand Doors” in Amazon, you will recognize the cover from the images above. Her first manga published in physical magazines has just been released in July, “Hibana”.

Sayaka is a talented artist with a brilliant future ahead, and I am sure we will see her career sky-rocketing soon. If you like her work, don’t hesitate to mention her on Twitter or Instagram, and follow her on her social media channels.

Thanks to Sayaka for her kindness and friendly attitude. Also thanks to Mikki for the help with the translation, Seiya, Alvaro, Kosuke, Vincent and the people that, even though they prefer not to be mentioned, made this article possible.

おわりに

石山さやかは大きなビジョンを持った、今後の活躍が期待されるアーティスト。単行本「サザンウィンドウ・サザンドア」は祥伝社から発売中。また、2017年7月7日発売の「ヒバナ」(小学館)という雑誌に読み切りマンガも掲載されている。少しでも興味をもったら彼女のインスタグラムやツイッターでフォローしてみてほしい。

Japanese Version:

Editor’s note: The text below contains parts translated from the English version plus the original Japanese interview. The English version is not a literal translation and therefore the expressions or words used might be different compared to the original Japanese. Any comments are welcome in the section below, please enjoy!

 

 


Also published on Medium.

Submit a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *